ロゴ

様々な効果が期待できる!鍼灸治療院を利用するメリット

HOME>レポート>鍼灸院なら広範囲の治療が期待できる【日常的に使うメリット】

鍼灸院なら広範囲の治療が期待できる【日常的に使うメリット】

施術

鍼灸治療院の施術方法

鍼灸治療院は横浜にも多くありますが、具体的な施術方法は知らない人も少なくありません。まず、鍼灸と一括りにすることが多いですが、鍼治療と灸治療とは別のものです。どちらもツボを刺激することで身体のバランスを整えたり、低下した機能を回復させたりするもの。どちらが効果的かは、鍼灸師が診断します。鍼の施術では、直径0.12〜0.44mmという極細の鍼を肌に直接刺します。単刺、置鍼、パルス鍼という3種類があり、単刺は刺した後、鍼を動かすなどしてすぐに抜きます。置鍼は刺した状態で10分程度放置、パルス鍼は鍼に低周波の電流を流す方法です。灸の施術では、もぐさを肌に乗せて火を点けて燃やします。直接灸と関節灸という2種類があり、直接灸は肌に直接もぐさを乗せて燃やします。間接灸は専用の紙を肌に置いて、その上にもぐさを置いて燃やします。直接灸は刺激が強く水ぶくれややけどの痕が残るため、あらかじめ認識が必要です。

針

鍼灸治療院に通うと良い点

鍼灸治療で期待出来る効果は、循環器内科系、婦人科系、呼吸器科系などあらゆる分野の不調の改善です。その有用性があまりに広いため、一生を網羅する治療と言われることもあるほど。近年では、脳梗塞などの後遺症のリハビリに活用されたり、終末期医療に活用されたりもしています。また、ダイエットや小顔、バストアップなど、美容整形系まで効果を認める声も挙がっています。通う頻度には諸説あり、一人ひとりが自分に合うペースを見つけて通っているようです。日常生活で感じる不調や痛みなど、辛いなと感じた時にそれを取り除いてくれる存在が近くにあるのが通うメリット。仕事や生活面で避けられない慢性的な痛みなどと、うまく付き合って行くために利用する人が多いようです。確かに長期に渡って薬を多用するよりは、家の近くの横浜の鍼灸治療院に通ったほうが良いというのも分かりますね。

広告募集中